10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

SHOCK出演決定

2016年11月16日
発表になりました。
来年も帝劇に通う2、3月。
もうすっかり毎年の恒例行事です。

で、初日は2/1っと。

!!!!!!

なんと久々に屋良さんのB.D公演があるではないですか。
が、しかし、初日というチケット問題の大きな壁がドーン。
チケットがとれる気がしない。(泣)

毎年、初日と楽は応募しない派の私ですが、今回ばかりは初日にチャレンジします。
もう、やるっきゃない。
「おめでとう」をいいたいぞ!
客席から心の中で言うだけなんだけども。

というわけでみなさん、ともに頑張りましょう。祈りましょう。
初日に屋良さんにあいにいくぞー!っと。

気が早いですが当落までドキドキです。

あ、ライブバージョンの感想、すでに過去化して風化しています。
スポンサーサイト
SHOCK | コメント(2)

1400回

2016年03月16日
SHOCK1400回上演おめでとうございます。

そんなわけで今日の各局WSはSHOCK祭りでした。
めざましTV、ZIP!、モーニングクロス(MX TV)、はやドキと今回はたくさん捕獲。

屋良さんも映り込みが多めでした。
嬉しいことに初日よりもたくさん映ってましたね。

特にカテコよりも本編のところのが多めの映り込みで、
今年のヤラをたくさん観ることができました。

本当に屋良さん、かっちょいい!

髪型がエディよりも、ヅカの男役よりになって来てる?とか、
太鼓をたたくとき、結構つらそうな顏してるんだな~とか、
駒井さんが舞台に上がった時にニコニコしてるな~とか、
新たな発見がたくさんありました。

特にめざましテレビで市村さんのうしろで写りこみをしてましたが
ここ本当にカッコいい!地味に素の屋良さんがかっこいい!

かっこいい!しか言葉が出ない自分のボキャブラリーのなさを感じつつも
やっぱりかっこいい。

今回、久々にWS関連の屋良さんの映り込みには大満足でした。
観劇が少し先なんですが、早くこないかな~と、とても待ちどおしくなりました。

次回の観劇は3/21でMY楽です。
今年のヤラをしっかり目に焼き付けてきたいと思います。
SHOCK | コメント(4)

二幕(感想続き)

2016年02月23日
二幕の感想、まだまだいきます。
書く書く詐欺にならずにすみそうでよかった。(笑)

~二幕~
二幕最初はヤラの悲しみ&悪夢の場面。
見せ場ですよね。ここ今年の一番の楽しみでした。

DFでみせた屋良さんの歌、演技の成長がここに一番反映されていたように思えます。
叫んだり、狂気の演技だったり、悲しみMAXだったりで、感情の波がものすごく激しいシーンで、
かなり難しいのですが、屋良さんのパフォーマンスのなんとも自然なことったら。

特によかったのは後半の「マンハッタンの…」のナレーションと、そのあとの歌。
毎回悲しみの演技が強すぎて、泣き声でボソボソとしか聞こえない事が多かったのですが、
今回はものすごくハッキリ聞こえて、でも悲しみの感情ものっていてそのバランスが絶妙でした。

今年のヤラは自然に感情がのってて
間の取り方もすべてにおいて余裕さえ感じるんですよね。

今までのヤラより地味目だし、全然アピールしてないんですけど心にささる悲しみ。
セリフひとつひとつがじわーっとくる。
やっぱり今年のヤラは地味にジワジワくる、きすぎる。
あー地味に惑わされる。(笑)

♪Higher
ここの最初の歌いだしも今までとは全然ちがう歌い方でした。
スムーズに声が通ってて、歌詞もはっきり聞こえるし、こぶしもコロコロまわってなかったっす。
あのこぶしが今までかなり気になってたんですけども、最後にだけアクセントでいれていたくらいでちょうどよくなってました。
今までは内君モードで歌っていたように見えたので、やっとヤラの歌い方になったなぁと。

そして告白のシーン。
ここもいつもよりあっさり目なのかもしれないけども、
シンプルな感じが演技してます風にならない。このほうが自然に入ってくる。
ここもセリフの言い方がいつもと違っていい感じにすーっと入ってくる。

♪夢幻
ヤラ登場前のライトが一斉に真ん中に集まる時、颯爽と登場のヤラが最高にかっちょいい。
歩き方に貫禄ありすぎ感がありますが、そこはいつも通りで男前すぎる。
ここだけオラオラしてる、いや神々しくオラオラな登場でこれもヤラのかっちょいいところかと。

神々しいオラオラって…(笑)
伝わってますか?

で、光一さんとのダンス、いや舞と呼びます。
ダンスというよりも舞です。
いつもと同じ振付なんでしょうが、何か違う。
やっぱり今年はいつもと違う。

私の大好きなパーン!って腕をはらうフリも若干違ってて
はらい方が少し抑え目で、顏をあとに残す感じで鳥肌たちました。

うつくしーー!パーン!
DVDになったらそこだけ鬼リピしたい。(マニア)

前までは気合だ!気合だ!って感じだったんんですけども(アニマル風か?)
想像するに♪夢幻のフリについて屋良さんの解釈が変わったのかなと、
それくらい違う舞に観えました。

8連太鼓もすごかったし、お互いの健闘を称えあう姿は何回観ても清々しい。
オリンピックでも観たかのようなさわやかさです。(実はオリンピックってあんまり見な…)

ラダー時の太鼓叩きも、相変わらず光一さんを見ながら叩くところが好きだなぁ。
ヤラの光一への気持ちが伝わってきますね。
太鼓をたたく時の腕筋ばかりに目が行きがちですが、そこもチェックです。(笑)

日舞
ここもだいぶいい感じに自然になってきたような…いや、もうちょっと…(自粛)
でも紐を持ってポーズ!のおすまし顏が、結構好きだったりするかも。

♪夜の海
ここの屋良さんのダンス、やっぱりダンスというよりも舞ってます。一人だけ無重力っぽい。
セリフの言い方もいつもと違っていたような。

そしてラストまでいつもと変わりなく終了。

カーテンコールでは光一さんと笑顔で会話し、さがりながら直さんと腕をがっちり組み
光一さんとも腕組み。
今日も公演を無事に全力でやり遂げた感MAXでさわやか笑顔の屋良さんでした。

と、ざっと感想を書きました。
とにかく今年のヤラはナチュラル(自然体)であっさり目ですが、
歌、演技、ダンスの一つ一つのクオリティの高さが目立ち
じわじわと心にささってきます。

いつもの気合!パワー全開バリバリ~のオラオラな感じがなくスマートなヤラ。
ダンスもふわふわと羽のように、海の中を優雅に泳ぐ魚のように無重力で
ダンスもだいぶ柔らか目です。

私は2008年の頑張りすぎのギラギラのヤラが一番好きだったのですが、
今年のヤラが一番になりました。
それくらいすごいんです。

地味なのにすごいって言い方おかしいですけどね。
それだけ自然にヤラとして舞台に立っているってことなんですよね。

今回のSHOCKを観て、今年の屋良さんもすごすぎて目が離せない。
今年もどっぷり屋良活しまーす!とここに宣言いたします。
本当に素晴らしかったです。

次回は3/6に観劇予定です。

また新たな発見があったら感想書きたいと思います。
SHOCK | コメント(4)

SHOCK 2016 MY初日

2016年02月17日
2/16の夜公演がMY初日でした。

想像以上に屋良さんはすごかった、カッコよかった、進化していた。
というか、屋良さんの進化具合が未知数すぎて困るくらいでした。

今年初見でこれだけ褒めちぎるのは、私にしては珍しいのですが(笑)
本当にジワジワと今年のヤラにノックアウトされちゃいました。

今年のSHOCKが始まって、早10日以上過ぎてますが、
屋良さんファンの方の感想をあまり目にしなかったので、
演出も変更なさそうだし、いつも通りなんだろうな~と思って観劇にのぞんだのですが
とんでもないっす。

でも屋良さんのファン以外の方のツイを見ると、
”とにかく屋良さんがすごい”と大興奮なさってるので、
これはもしかして…と思っていましたが、本当にすごかった。

いや、屋良さんはいつもすごいんですけども、
いつもよりもジワジワくるすごさというか、じわーっとすごさがしみわたってくる感じというか。

だって今回のヤラはいっさいギラギラもオラオラもしてないんですよ。
いたって自然体でそこにいる感じ。
でも、その自然体がすごいという、かなり困惑しちゃう感じなんですがわかりますか?

うーん、伝わらない。(笑)

私、今まで結構ギラギラなヤラが好きだったんですけど、
そんな私でも大満足できちゃう感じ。

まだ伝わらない。(笑)


とりあえずいつもどおりの感想箇条書きにしよう。
まとまりないですが、どぞ!

それからステージフォトの第一弾が発売中でした。

舞台の内容的には去年とほぼ変わりない感じで、細かいところで
セリフや演出が変わっていたようにみえました。

それから生の楽器音を大き目にして、前に出していたような気がします。


~一幕~

オープニング:全員で光の階段でのダンス。
屋良さんはいつも通りに一番上の段でダンス。

ここでかなり残念なことに髪型がエディ・バードレイスなんですけども。

髪の色をダーク・ブラウンにするとか、あまりきっちり固めないとか
どうにかエディ色をなくしてほしかったなぁとか思ったり。(今回の残念De賞)

そしてマジック前のダンス。
ふわっ、ふわっとものすごく軽やかにダンス。
筋肉増えてるから軽い、軽い。
そして笑顔がとても柔らかで舞台で踊ってるのが一番楽しいぜ!という表情。

なんかいつもと違う…ものすごいエアリーなヤラ。
この時点で去年との大きな違いに衝撃。

あ、脚立をのぼる時にお尻をフリフリしてるんですけども、
それさえもキレキレでここはいつも通りに可愛いです。

で、で、いつも通りに舞台は進行。

豹柄くん登場。
サングラスがモザイクみたいな、TVに写ってはいけない人状態になってますけども。

♪この胸をこぉ~がす、熱いおーもい。

歌までも軽やかで、ものすごい安定感。
これはかなりDF効果が出てました。

そして♪Danceが最高すぎる!
タップしながら、ダンスしながら歌うので、いつも途切れたり苦しそうだったのに、今年は余裕さえ感じる。
♪だ、だ、だ、だ、だぁ~ンス!の声がすごいなめらかでまっすぐに声が出てて、超かっちょいいです。

それから最後の方の歌詞が英語になっていたような。

大荒れのヤラ。
ステージフォトの写真がご開帳だったので、そういう演出なのかと思っていたら、
今回は普通に胸元あきお状態でした。
それでヨシ!それくらいがいい。むしろ全部ボタンをとめてもいい。(まじめか!)

ジャパネスク:
あごクイするのも、ビンタされちゃうものかっちょいい~。(そこか!)

ヤ「殺ぉせぇ―!」
ここもやっぱりいつもよりギラついてなくて柔らかめですが、このくらいでいいのかも。

ダンスとはちがって、殺陣は重心がかなり下にあって、刀捌きも相変わらずの早さ。
いつもより蹴るのが少なくなったかな?ツバはくのもなくなった?
光一さんのぼりもキマった!

そしていつも通りに一幕は終了してしまうのですが、
幕間の感想はとにかく屋良さんがすごい!かっちょいい!のひとことでした。(ふたことか!)

二幕に続く(予定)
SHOCK | コメント(4)

3/28夜 観劇

2015年03月29日
3/28夜の観劇レポ&感想です。

*オープニングのショータイム。
2013年版DVDを見て今年の違う点を発見。
2013年版は最初から一番上に屋良さんはいたままなのに、
今回は一旦階段を下がってから、上にあがっていくんですね。
去年も上がっていったっけ?そこらへんはあいまいです。

そして福ちゃんとの向かい合ってのダンスはいつも以上にニコニコしながらで
いつもよりアイコンタクトが多い。

それから、ビバリさんの登場前の、後ろ蹴りみたいなフリが地味に好きっす。

そしてリカ役のエマちゃんも参加してますよね。
去年までリカ役の方は参加してなかったような。

*パネルマジック
屋良さんのふわふわとしたエレガントなダンス。無重力な軽さを感じます。
余計な力は一切なくてなめらか~。
そういえばよくここで手にCHUってしてたけど、最近一切してないですよね。大人っすね。

*千穐楽のバックステージ 
今日も脚立にあがる時に曲に合わせて、優太くんにお尻をポンポンされ放題の屋良さん。
ニコニコしながらお尻を上下に振り振りしながらあがる。
優太くんはいつもより激しく下から連打中。
ボンゴじゃないから~(笑)
この二人が本当にキューツでした。
そういえば今日はほっぺむにゅーはなかったような。

*屋上
ヤラがリカにベタベタしようとしなくなっていて、あっさりめでした。
その分、福ちゃんが濃くなってて「ハケたくないぞ~」と粘ってました。笑
 
*みんなでわちゃわちゃとパーティに向かう
諸星くんのコーナー。今日は屋良さんにメチャからむ、いや、メチャ大好きアピール。
諸「屋良くんは俺のこと好き?知ってるよぉ~、もぅーー。」
↑屋良さんは無言でリカと肩を組みながら歩いていく。笑

*ブロードウェイの街 
豹柄くん登場のリアクションはかなり大きくなってる件。
ヤ「いや~皆さん、お待たせ、お待たせ~」のお待たせポーズ。
頭の上に大きなパーを添えてました。衣装的にどこぞの昭和の地上げ屋さんかと・・・・。笑

WSSのところ、しっかりダンスというよりも、だいぶわちゃわちゃしてて
カンパニーの仲良し度がかなりアップしてました。

*♪Dancing On Broadway 
光一さんとのハモリがいいなぁ。すごく馴染んできました。
シュッシュッポッ・ポッのフリがやはり可愛い。

*ジャングル 
リカを抱えて回す技が本当にすごい。
ほぼ同じサイズなのに・・・・(自粛)

*♪Dance
♪ダ・ダ・ダダ、ダーンス!今日も声はまっすぐに伸びてて、本当に聞きやすい。
やはり巻き舌でない方が好きっす。
安定のタップダンス、師匠の玉野さんに感謝です。

♪SOLITARY 
今日もはだけてタックルしてます。
あれ、手にジャケットって持ってたっけか?

コ「ヤラの位置に俺が入る、いつも通りにやれ!」

そのダンス、本当にヤラがやるはずだったのなら、やっぱり観たい。
というか、無理は承知のすけで観たい願望MAX。
永遠に観ることができないのが残念すぎです。

*バックステージ  
いきなり始まるミュージカル部分、すっかり慣れました。
早口で歌ってる感がなくなり進化してますね。
で、光一さんの歌い方がかなり熱かった。ヤラはいつもどおりな感じ。

今日もシャツはコウイチさんによってご開帳で、それも演出に込ってことでOK?(笑)

*ジャパネスク
今日の「ころせぇえー!」はタンパクな感じでした。(もうちょいワイルド希望)

刀をくるくる回してからの肩ポン、最高!
ヤ「どけー!」炸裂でワイルド。

本日の光一さん登山。
大成功で一瞬止まってから、スルって綺麗におりるのがキマった!

今日の血糊事情。
光一さんが、屋良さんのおでこあたりにスポンジを付けていたのが見えました。(今日はめちゃサイド席)
そしてヤラの目がまったく開いていない。

血の涙が両目からたらー・・・・(ホラー)
光一さんは最近、目つぶしブームなのかな?(笑)

それから今回殺陣の時の声の大きさがすごかった。
特にヤラ軍のジュニアの4人の声が大きくて頑張ってました。
  
~二幕~

*ヤラの苦悩シーン
今日も切ない演技につられ私も切ない。
 
*シェークスピア 
ヤ「馬をよこせー」のところ、うしろの方でクルクル回って、
まっすぐに立つのが大変そうなところがありました。
でもそのじたばた感がより狂気っぽかった。

♪追憶の雨
悲しみゆえの投げやり感満載なダンス、泣けますね。

♪Higher 
今日はラストなので浮気せずに、がっつり壁の華のヤラを観ました。
背中で演技してて、哀愁が漂いすぎてる。

*告白シーン 
声枯れの
ヤ「切り捨てられるんだろぉおー」は泣くしかないっすね。
そして最近のヤラはしゃくりあげるように泣きながらの告白なんですよね。
でもセリフはクリアに聞こえてきてすごい演技力だ。

そして今日もたくさんビバリさんに背中をなでなでしてもらってました。

*♪夢幻
ヤラ登場で照明が一斉に中央に集まってからのダンスに、毎回胸が高鳴る。
キターッ!神がかりダンス。
あまりの神っぷりに、お賽銭投げて拝みたいくらいっす。

そして八連太鼓のあとの光一さんの屋良さんの背中ポンポンが
いつもより回数も多かったし、とても熱かった。

ヤラとリカの日舞。
少しドキドキしながら観ました。
でも冷静にしなやかにヤラとして踊ってました。

THE 平常心と顔に書いてあるくらいな面持ちでダンス。
静かながらも屋良さんの強い気持ちも込みで、
ここはガッツリ受けとめられた気がします。

*♪夜の海
光一さんの背中を見ながら踊るヤラ。
ダンスもいつもながらにすごい安定感。
そういえばヤラのセリフに感情が入りすぎて、すこし出遅れ気味でした。

*CONTINUE
相変わらずのMIXバージョンに慣れないけども、
屋良さんがコウイチを見てニコってするのがやはりいい。
  
*カーテンコール  
*光一さんより挨拶
事故のあったこと、続けることの意味、座長の言葉一つ一つに感動しかないっす。

そして屋良さんは両手で”ヨシ!”のガッツポーズ。
最後はやっぱりの光一さんと屋良さんとがっちりの腕組みでした。

3週間前に観たSHOCKと全然違う舞台になってました。
いつもは帝劇という歴史ある劇場でやってます・・な感じがあって
すごくみんな緊張している感が伝わってきてたんですが、
それをも超えているすごい熱が、パワーがありました。

特に演者のテンション高いのもあったのですが、客席からの拍手もすごかったです。
SHOCKが続いてほしいという気持ちの一体感が半端なかったです。

LEDパネルがない分、キラキラ感は減ったかもしれないけれど
演者のキラキラ感は倍増していたように見えました。
そして観てるお客さんもキラキラしてるように見えたかも。

屋良さんがよくインタビューでよく言う
”ヒューマンパワー”がこんなにたくさんあふれてる帝劇ってすごいと
今日は帝劇まるごとに感動しました。

今日は千穐楽であと1公演。
そのまま何事もなくショーマストゴーオン!
仕事中そわそわしながら祈ってます。
SHOCK | コメント(4)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。