07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

劇団演技者。「あの娘ぼくが・・・」特別篇(6/21)

2005年06月22日
しょっぱなから盛りだくさんなメイキング最高!
やはりドラマよりも何よりも一番良いかも・・・。

今回はストーリーダイジェストの合間にリハ風景やインタビューやらが入ってます。
始終、素顔の屋良くんが満載ですごく濃いです。

いきなり最初の本読みみたいな所からスタートして座長2人から挨拶。
皆さんとは初対面らしく、かなり固い挨拶な屋良くん。

みんなで楽しくやれたらいいそうです。
その言い方がいつもながらに、ちょっと偉そうに見えます。
でも今回は座長だからOKなのさぁ。ビバ主演、ビバ座長だ。良かったね。

そしていきなり撮影初日のロケ。
学ランを着て歩きながら笑顔で意気込みを語る屋良くん。
朝早いのにハイテンションです。本人もそう語っています。

そして町田さんのインタビュー中に急に画面にわりこみ笑顔でピース。
いきなり屋良れた~
中学生の頃から、この笑顔とピースは変わってない気がする。(笑)

そしてタイトルバック。
ダンスのリハシーンもチラチラと入っていていい感じ。
屋良くんのソロダンスでは、またキャップを落としてますわ。
でも拾い慣れています。(笑)

そしてCM前の撮影の合間のミニミニ3本立てシーン。
カミカゼギャルズと4人で♪うちら陽気なかしまし娘~と踊りながら歌ったり、
河原にて杏さん&いとうさんとジャックナイフポーズでキメたり、
ハブまんさんと抱擁したりで、もうすでにお腹いっぱいなくらいに内容が濃いです。

そしてCM明けは第一話からダイジェスト&リハシーン。
ジャックナイフのネタの打ち合わせからスタート。

村上さんに「ホストがコントやってるみたいな。」「カッコつけすぎで」とリクエストされる。
って、そのままですけど・・・

と、ここまで書いてたら、私の書いてる内容もかなり濃くなってきました。
これは久々につぶやく時がきたようです。(一年ぶり?)
と、いうわけでここから先は後日サイト内のDEEPなツブヤキでUPしたいと思います。(ジラシ気味?)

そうそう、あの河原のシーンは本当に寒そうで、(スタッフはダウン着用)
何度もネタを川の流れの中でやっていて、すごく大変だったみたいですね。
川に流されそうになってるし、カットの声がかかると二人ともうなだれてるし。
本当にお疲れさまでした。と言わずにはいられない。終わってからの賛辞の拍手もすごかった。

そして撮影が終わった後に、二人がタオルと毛布でグルグル巻きになっていたのが、
その過酷さを物語っていたわ。

でもいやな顔を見せずに、笑顔でピョンピョンと跳ねていた
ピンクの毛布にくるまれた屋良くんが、またまたソーキューツでした。

チェックの後に「ありがとうございます」と笑顔で言っていたびしょぬれ屋良くんに
再度、ときめきフォーリンラブ

あっ、また語ってしまった。(笑)
というわけでこのテンションが下がらないうちに、近日中にUpをめざします。

しかし、屋良くんはずっと笑顔でいて本当に楽しそうでした。
出演者みんなでモニターを見てる時も一体感があるのが画面から伝わってきましたわ。

本当にいいチームだったようで、そういうところが見られただけで嬉しかった。
屋良くんが幸せなら、ファンも幸せなのさ。本当に素晴らしいメイキングでした。

これで本編の事は・・・。
村上さん、ごめんなさい。

それから町田さんの涙はやはり本物だったと証明されたのが
重要なポインツのひとつでもありますね。
ルー大柴さんの発言にも涙。

本当に楽しくて、当分の間、ビデオのリピが止まらないです。
TV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。