07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

WINK UP、POTATO、DUET

2010年05月14日
遅くなりましたが雑誌をチェック!

どれもいい表情ですが、屋良さん…顔がまたまた痩せましたよね。
もうほっぺのお肉が全くない感じでアゴがシャープすぎですよ。
本当にこの痩せっぷりにSHOCK~歌舞伎へのすさまじさが出てますね。

インタビューからしてこの写真を撮ったのは、歌舞伎が始まった直後くらいの4月だと思うので、
一番大変な時期だったのからかもしれませんね。

でも、とても充実したいい表情だし、歌舞伎の裏話も満載で楽しそう。
「タッキーとのキスシーンが一番稽古したシーン」とか、「太鼓祭り」とか、
「内クンとの交流」のお話とか、舞台中はネタ満載で嬉しいですね。
あ、海を見てのんびりしたいとかも書いてありますけどね。

で、今回は写真的には黒スーツのメガネ男子な屋良さんがカッコイイ~
スーツ姿は3割増し!メガネ男子も2割増しの男前っすよ~

そして気になったのがこのロケ先…誌面にロケ先の名前はなかったのですが、
このオシャレ過ぎる部屋の内装にすごく見覚えがあって、記憶をたどりつつHPで探してみたら、
以前に一回だけ泊まった事がある銀座の中心にあるおしゃれなホテルでした。

オシャレすぎて落ち着かないなぁ…と思ったところだったんですが、
帝劇や日生劇場からも近いところなので、
舞台の合間をぬって屋良さんは撮影?とか思ったり。

そして今回はタッキー座長のページもしっかりとチェック!

屋良さんの事もたくさんに書いてありましたが、演出の事とかめちゃ詳しく語ってくれてますね。
初演出なので熱い思い入れはすごいものですね。

屋良さん的にはハンゾウの最期のシーンの「ごめんねー。と言ってプールに落ちてもらった」とか
「あのシーンは屋良さんの濡れ場」とか「キスシーンは自らすすんで稽古」とか、
読んでて楽し過ぎる~

ハンゾウの最期は濡れ場のおかげでかなり印象が強く残るシーンになったので
タッキー座長には本当に感謝ですね。

あ、それからタッキー座長がこだわって、ラスべガスに行って研究しまくったカーテンの事やら
もっとプールを大きくしてシンクロしてもらいたかったとかの演出話を読んだ瞬間に
いろいろな事がよみがえったり、明確になったりでスッキリ~

MY初日の時に、オープニングを観て、これはもしかして<<O>>ですか?
オーみたいにしたかったんですかタッキー座長!と心の中で思っていたのですが、
ビンゴだったようです。

<<O>>はラスベガスのべラージオホテル専用劇場内で行われている水を用いたショーで
音楽のよさと、あの世界感にハマり、数年前に2回ほど観劇したのですが、
オープニングのカーテンの巻き込みは本当にものすごく鳥肌モノだったので、
今回、滝沢歌舞伎であのシーンを観た瞬間に同じように鳥肌が立って
「おぉぅーー」とダジャレ混じりに叫じゃいましたからね。

赤のオペラカーテンの演出、前節風の黒人ダンサーさんのお客さんイジリはもほぼ同じでしたが、
それに和の世界に洋のダンスで歌舞伎もMIXで現実離れした不思議なショータイムは
夢の世界に導かれた<<O>>を観た時の感覚に近いものがありました。

本家のようにオリンピック級のアクロバットはなかったものの
和の世界とのコラボはこれはある意味
「ジャパニーズ<<O>>  byジャニーズ・バージョン」
と、いっても過言ではないなぁと思いました。

本当に滝沢歌舞伎は最高でした。
いまだに夢の世界から抜け出せていないかも…

拍手&コメントをありがとうございます。
雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。