09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

7/30マチネ 観劇

2015年07月31日
本日はソンライ中日。
始まった思ったら、残す公演もあと半分。
とても早いですね。

今日は初日ぶりの観劇でした。
いつものことですがカンパニーの絆が深まっているのが
とてもよくわかりました。

そして平日昼間の公演はマダム率が高く、客席からヒューヒューの声があまりあがらず
おとなしい感じがしましたが、拍手はいつも通りにあたたかでスタオベもあり
静かに大人な感じで盛り上がってました。

エディの衣装が変わってて、青のパンツが軽くダメージ&パッチワークしてあって
カジュアルになってました。
スニーカーはナイキをリメイクしてて本当に可愛い。(ほしい)

屋良さんは昨日の弾丸ツアー疲れも感じさせない位、いつも通りに輝いてました。

~一幕~

*エディ&ピーラーが相変わらずの可愛さMAXなオープニング。

*エディ「必ず来てくれると信じていたよ~。ん~chu!」
エディの壁CHUが復活してました。

*ピーター&ニックがマリーの豹変ぶりに「うわぁ~お、うわぁ~お」と可愛く昭和な感じで驚いてました。
エディがのっからなかったのが残念。

*マリーのバックダンサー中のエディのダンスが、さり気にせくしー&キューツ。

*♪ミュージカルは大成功~、アンサンブルさんが一人づつ出てくるところのエディの紹介コーナー。
オチは自分で女性ダンサーさんみたいなポーズで登場。

*今日のパティ&ジミーの演出指導は勢いのみな感じで、よくわからなかったけども(笑)面白かった。
ここはジミーにお任せなのかな?

~二幕~

*エディ「私がパティなのっ」の言い方が可愛すぎる。

*今日のマリーへのお色気作戦その①
ルージュをつける仕草をして「んーパッ、んーパッ」
そこにヨーコ登場「パッ!じゃねーよー」と思いきり胸を突き飛ばされるエディ。(笑)

その②
今日はセクシーダンス(お尻ふりふり)をして、ベッドにあがって、
つなぎのジッパーを上げ下げ。
ジッパーを下げ過ぎて、下にはいてる黒のスパッツ(サイクリングパンツ的な)が
丸見えでした。(PZ’14 着替えコーナー参照)

そしてご開帳のままでマリーにあすなろ抱きするもシュンレイ登場で失敗。
シュンレイにつなぎのジッパーを「アチョー!」と恥らいながらあげてもらう。(笑)
エディ「恥ずかしいぃ~」←いまさら何を~??(笑)

あとはいつも通りに「あっちやー!」と言ってハケて、
エディ「ここ落ち着かないね」とカッコつける。
ここ普通にかっこいいんですけど~(盲目)

そのあと、マリーに先に行ってて!と言ったあとかな?
オレンジ色のタイプライターがベッドからふっとんでガシャンと落下。

エディ「わぁぁあああ~、こわれたぁあ!」←素
の言い方最高に可愛かった。

そのあとはタイプしながら♪ししのしをし~と言わなきゃけないのですが、
すぐに落ち着きを取戻し、さっきタイプで打ち終わった紙をあつめて、それを見ながら歌っていました。
その自然な流れのアドリブに感動。
でも会場から笑いがあったような。
気持焦ってみえたのかな?←リピーターが多い

*やっぱり毎回ピーラーの歌い方が違う。
その時の感情の起伏がすぐわかる。
今日は伸ばすのが少なくてささやくように歌う。
でもやっぱりいつも通りに綺麗な声に聞き惚れる。

*ジェロニモ・スーパーエディ
アンちゃんとの男祭りの時、
エディ「このおかっぱ頭~」、「うるせー」とか叫んで、前回より少しワイルド。

*ニックとの別れ
ニックが3人で肩を組んで大泣きして別れるところよりも、
ずっと前から涙しながらセリフを言っているのを、今回初めて気づいて一緒に涙する。

*フィナーレ
ピーラー「あの子、お前にトゥルルルル~だから」
エディ「トゥルルルル~?」ってマネしてるのが可愛い。

*マリーの告白を聞いてるエディの顔が、”わかってるってばー”って顔に書いてあるのが、かわゆし。

*今回も笑顔、笑顔で拍手喝采でした。
カテコはいつも通りに3回位で、最後は大きくバイバイしながらハケていきました。

*初日と比べると静かめな感じでしたが、ジワジワとHAPPYな大波が押し寄せてくる感じで
今日も幸せな気分でクリエをあとにしました。

屋良さんがセリフを言ってない時の表情、出演者とのアイコンタクトに愛があふれてて、
見てるだけでも幸せをおすそ分けしてもらってる気分でした。

これがソンライ愛というものなんですかね。
観てる側も、演じてる側もみんなソンライが大好き!という、
ソンライ愛で満ち溢れてますね。
本当に楽しすぎて、幸せすぎます。

次回観劇は東京楽です。
今回すれ違ってしまって会えなかった皆様、ぜひにお会いしましょうね。
SONG WRITERS