06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

クロハ東京楽

2016年12月30日
行ってきました東京公演千穐楽。
初日以来、3週間ぶりのクロハ。
演者の皆さんが役になじんでるし、初日よりもかなり観やすくなっていました。

そしてカテコでの屋良さん&優馬くんの可愛さも、カンパニーの雰囲気の良さもアップしてて
本当にいい千穐楽公演でした。

では感想の箇条書きです。
相変わらず思ったままに屋良さんの事のみつぶやいてますが、
今回は共演者のことも少しつぶやいてます。

~一幕~
*屋良さんの髪型が変わってる。
というか髪が伸びてて、色も濃茶っぽくてかっちょいい。

*個人的感想。やはりセンターブロックって全体がよく見えて観やすい。
(初日はサイドの端っこすぎで岩しか見えなかった事が多々…)

*優馬くんの演技が自然でも、より熱くもなってよくなってる。演技のすばらしさにかなり引きこまれた。

*屋良さん、今日も美声で全然疲れた感もなく、さすがっすね。
 でも少し気になったのがセリフが全体的に甘噛み気味だったような。

*アルセーヌ役の蘭乃さんってこんなにはっちゃけてて熱い方だったんだ・・・というか周りの影響かな。(笑)

*♪闘うだけだ!のあとの剣を交わすところ、ポスターと同じポーズだったんだと、ここも初めての気づき。

*ここのミュージカル調のやりとり、男らしい言い方でかなり二人とも勇ましい。

*「お前は俺も殺せるのか!」初日は力が入りすぎて叫びすぎだったけど、
徐々に声が大きくなっていくさまが、怒りがふつふつとこみあげてくる感じで痛いほど伝わってきた。

*殺陣をしてる屋良さんの動きがきれいすぎ~。カッコよすぎ~。
でも顔は眉間にぎゅーっとよってて、怖いの、苦しいの。

*リュック屋良さんがセザール優馬くんに・・・1回目。今日は顔が怖くなくてよかった。
 そして奈落に落ちる姿さえ美しい。

*現代:陸くんと美優ちゃんって見つめ合って笑顔だったり、お互い肩をポンポンしたりで、
こんなに仲良くイチャついていたんだと、また気づきがありました。

*がうち榎本くんがアドリブをガンガン入れてきて、意味もなく、くるくる回ったりして挙動不審でした。(笑)

*時空を超えるシーンのリュック屋良さんの亡霊感。

*そうか時空超えってこうだったんだ!と意味がわかったような、やっぱり摩訶不思議なような。

~二幕~
*ブルゴーニュ派の曲。ティエリのダンスが武○士ダンスっぽい件。(R35指定)

*会議(晩餐会)まだかなぁ・・・。(やっぱり長いぞ!晩餐会までの道のり)

*カミーユに「もういいから!」のリュック屋良さん。(胸キュン最大の山場)
マイクに入らない小さな声で「もういい~」って苦しそうな顔してからの入り方がカッコよさMAX!

*リベルテ派の曲。リュック屋良さんのソロの歌い出し。安定の歌唱力。
ビブラートがかかるクセがなくなって聞きやすい伸びのいい声に感動。

*アイコンタクトしながらの楽しいダンスシーンは一時の平和だね。安心するね。

*モロくんもセリフが自然でいい感じになってきてて、ユーモア度もアップ。
大山さんはそれ以上にユーモア度がアップしてました。これも安定。

*「老若男女に愛される」ちゃんと言えた。これが正解だったんだ。(笑)

*♪僕の天使~、の詞が何回聞いててもなぜか恥ずかしい。
「結婚してほしーいとぉー」は最初は衝撃だったけど、もう聞き慣れた感じ。(笑)

*「お守りだものぉ~」の言い方がちょっとお○さんっぽいぽい。もうすぐ34歳だものぉ。

*やっぱり、姉=アルセーヌ蘭さんのはっちゃけっぷりが半端ない。

*カミーユふうかちゃんは本当に可愛いですね。屋良さんとのサイズ感が合うのもいい。

*RE:シノへ。まさしさんの「ね~!」が笑いを追及しすぎてる件。

*セザールとリュックの一騎打ち。
リュック屋良さんの斬られっぷりとその反撃っぷりが迫力ありすぎて怖い。特に顔が怖いの。
次回の課題は顔に力をもうすこしぬくことかと思ったり、怖いもの見たさもあったり。(笑)

*シンクロ。今日も息がぴったりのやらゆまさん。
ソロの♪ずっと~一緒になろうって言うから~、かならず言うから~。新しい人生を歩んでほしい。
ここの歌い方が愛にあふれてて好きすぎる。

*何回見てもせつない最期のシンクロシーン。ここ亡霊でも死んでるよね?4回目だよね?

*現代:優馬君のアドリブ=カッコつけが面白かった。
「何カッコつけてんだよ」の陸君の返しもよかった。
最後はさとるくん&陸くんのイチャイチャで終了するんですが、これってHAPPY ENDですよね?

と、なかなかな摩訶不思議感満載の内容でした。

*カテコ:キャスト全員からひとことづつ挨拶。
がうちさん、やっぱりいつも以上に自由で玉野さんのモノマネしちゃうわ、それが猪木風だったり、
ふうかちゃんをマネして可愛いポーズをとったりでDFに続き大爆笑でした。

屋良さんの挨拶。優馬くんに”しぇんぱい!”と紹介され、こんな格好ですが”優馬のしぇんぱいです”
玉野さんの舞台は道化に続き2作目で、やっぱり僕は死ななきゃいけないんだと。
それも1度の舞台で3回も。そのせいか裏ではひきづってて、わいわいできなかったと。
でもリュックの信念の強さが好きだと。大阪が5回公演があるので、あと15回華麗に死にます!
華麗って(笑)

挨拶が終わって、主演の二人が最後に残るのですが、玉野さんが優馬君と屋良さんに熱いハグをしてハケていきました。
そしてふたりがハケる時、屋良さんが大きく手を広げてハグをおねだりして、優馬君が飛びついて熱い仲良しハグ。
最後まで仲良くて本当にかわいい主演の2人でした。  

内容はツッコみどころが満載で、Theサーカスに続きどうにもこうにもでしたが、
やはり全力で、全身全霊で役に挑む屋良さんは最高にカッコよくて、美しかったです。
これだけでも観る価値がある!と今年はこんな感じで観劇おさめをしました。

大阪公演も怪我なく、事故なく華麗に逝ってください。
次回はSHOCKで~!
クロスハート | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。